読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の続きは

お題「最近見た夢」

 

赤茶けた機械仕掛けの街。

僕たちが今、生きている時代ではないということが一目で分かるような、

赤黄青と明滅する広告のネオン。視界の遠く、等間隔に立ちのぼる薄紫の煙。

恐らくは夜なのだろうが空の色はわからない。

まるで深い森の樹枝が視界を覆うように

所狭しと建てられたレンガ造りの巨大建造物の群れがそれを確認することを許さない。

自然光の射さなくなったかわり、

至る所から上を目指して伸びるライトの光や

建造物から放たれるチカチカと眩しい色とりどりの電光が

地上の暮らしを彩っていた。

ゆっくりと貨物列車が走る高架下に僕は居た。

隣には僕より少しばかり背が高くて、くりくりとした目を持つ綺麗な女の子。

微笑みながら、時々吹く乾いた風に長い髪をなびかせていた。

この娘との関係は曖昧だが、顔なじみらしかった。

しかし、会話から察するに恋人同士という関係ではなさそうだ。

東西を横切る高架線をくぐって僕たちは歩く。

どこへ行くのかはわからない。

とりとめのない会話を交わしながら賑わう街をひたすら歩く。

 

 

「明石の街並みも変わったね。」

 

 

会話の中で出てきた一つの言葉に耳を疑う。

明石。どうやらこの街は明石と呼ばれるようだ。

僕はその街を知っている。

しかし、元の街の姿とはどう考えようと似ても似つかない。

この場所は無理やり当てはめれば

未来の世界ではあるが、

ロンドンとかニューヨークとかそういう場所なのだと理解して今の今まで歩いていた。

唐突に出てきた馴染みのあるその名前が夢の中に造られた街の様相を少し変える。

何かに突き動かされるかのように、賑やかな通りを裏に抜ける路地へと歩みを進めた。

横丁。

先ほどまでのどこか無機質な世界とはうって変わって温かみのある空間がそこには広がっていた。

「ここでたこ焼き食べたの覚えてる?」

隣を歩く彼女が目をらんらんとさせて声をかける。

正直なところ、覚えているか覚えていないかどころの騒ぎではなかったが

僕はコクリと頷いて「美味しかったね」と返事をする。

流れで、名前もないたこ焼き屋で、たこ焼きを二つ購入することにした。

僕が懐から取り出したのは硬貨や紙幣ではなく、二つの青い発光体。

店主の顔は「おっさん」ではなく「おっちゃん」と呼ばれるような柔和な笑顔をたたえた、どこにでもいるような中年の男といった感じだった。

 

ーそこで僕は目を覚ましてしまいました。

あの娘は誰なんだろう。あの街は何だったのだろう。

また夢の続きを見られるといいな。不思議ではあるけど楽しい夢でした。

たこ焼き、食べたかったな。

起きてから探し始めて

この画像が近かったけれども

実際はもっと赤茶けていて。

至る所に歯車が回転した機械仕掛けの茫漠とした世界でのお話でした。

f:id:amefuri-lain:20170413203454j:plain